キャンベラ VS シドニー
今日はここでキャンベラ&シドニーのいい所を比べてみたいと思います。

★キャンベラのいい所★
*四季があって、日本のように秋には紅葉、春には花の祭典‘フロリアード‘がある。
*自然が多くて静か。
*人が少ない→渋滞も全くない→バスもオーストラリアにしては正確に来る→
 どこに出かけるにもイライラしない→その代わり、遊ぶところも少ないので、
 勉強に集中するにはうってつけの場所。(旦那談)
*日本人コミュニティーがシドニーに比べると格段に小さいので、
  英語を使う機会が自然と増える。
*湿度がなく、カラッとしてる。シドニーなら、一週間でカビが生え始めるパンも、
 二週間くらい、大丈夫だったりする。

・・・・・こんなトコでしょうか??

☆シドニーのいい所☆
*ビーチがたくさんある。マンリー、ボンダイビーチなど、サーファーには大人気の
 ビーチから、静かなプライベートビーチっぽいところまで、さまざま。
*とにかく便利。日本食もお金さえ出せばほとんど、なんでも不自由なく手に入る。
 日系の情報センター、美容室、ネイルサロン、病院、弁護士、会計士、歯医者、
 不動産屋・・・・なんでも日本語で出来る。(これはいい点?悪い点?)
*イベントも多いし、遊ぶところもたくさん。
*シティが大きくて、買い物をするところもたくさんある。
*おいし~~い日本食レストランがたくさん♪

こう並べてみると、わかってはいたけど、シドニーとキャンベラって、とことん正反対です。
今回、なにを言いたかったかというと、私はシドニーに二年半以上住んでたけど、
初対面の人によく聞かれる質問、「オーストラリアにはどのくらい居るんですか?」の質問に
大きな声で「二年半です!」と答えるのが恥ずかしい今日この頃。
だって、二年半、三年も海外に住んでたら、日本にいる親&友達に
「もう、英語ペラペラなんでしょ~?」とかなり痛いことを言われる。
キャンベラに越してきた今感じることは、シドニーって、海外だけど、海外じゃないな、ってこと。
海外にいながら、日本の生活が出来てしまう場所。
私が一番いい例で、家では日本人の旦那と日本語でしゃべって、チャイナタウンに行けば
いっぱい売られてる日本のドラマのVCD見て、日本人経営の幼稚園で働いて、
休日は、旦那や日本人の友達と遊びに行って・・・。
時々、「私なんでオーストラリアにいるんだろう?」って思ったこともある。
もちろん、バリバリ勉強して、イングリッシュスピーカーの友達いっぱい作って、
海外生活、謳歌してる人もたくさんいるだろうけど。

でも、シドニーにいる大部分の日本人が、オーストラリアにいながら、日本語しゃべって、
日本人同士で集まって・・。英語を本当に話せる人って少ない。
私もその中の一人で、そんな生活を反対に楽しんでいたけど、
長く居続けるにはやっぱり不安だった。
永住権を取る予定でいるのに、このままじゃまずいなって。
だからキャンベラに移った事はいい機会だったんだな、と思うようになりました。
私は、どちらかというと楽なほうに流されてしまうほうなので~~(笑)。
こうやって、なんでも結果的にプラス思考に
考えることができるのが私の長所かも。(自画自賛)

勉強に集中したい、学生の方!キャンベラは勉強するにはベストの場所ですよー
e0006999_2203878.jpg

気球から見たキャンベラ。真正面にあるのが、Parliament house(国会議事堂)です。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-07-04 21:28 | *australia* | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masaandsat.exblog.jp/tb/114798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< I don't kno... ★人との出会い☆ >>