ベイビー、ありがとう。
待ちに待ったベイビーがおなかに来てくれて2ヶ月。
昨日で9週半くらいだったけれど、8週2日で成長を止めてしまっていました。
前回の超音波、6週5日では元気な心拍を見せてくれたベイビー。
それから2週間はがんばって成長してくれたけれど、お空に帰っちゃいました。

実は2月にも5週で科学流産してて、そのあと続けての妊娠。
最初から週数が合わなかったり、色々と心配が多い妊娠でした。
だから心の片隅でいつも覚悟していたのかも。
でも心の片隅できっと大丈夫、という希望も同時に持ってたのでやっぱりショックでした。
園長の好意で、自宅安静をもらって3週間。
スペシャルリーブ、ということで、有給扱いにしてくれて、
園長はもちろん、私のクラスのアシスタント3人、パパや周りのお友達の好意に甘えて
ただただ家でのんびりと過ごした3週間。
今週の月曜からようやく仕事復帰。

ランチブレイクにあわせて予約した超音波、昨日パパと一緒にどきどきしながら行き、
今回の超音波で元気な姿が見れたらもう心配しなくて済む・・・・と思って
食い入るように画面を見つめました。
前回より明らかに、大きく成長して明らかに「小さなヒト」の形をしていたベイビー。
でも。。。。前回動いていた心拍がない!

出血も一度もなかったし、おなかの痛みもほとんどなかった。
胸もパンパンに張ってるし、つわりもある。
でもそれが繋留流産。すごーく残酷。

昨日の超音波の後、一応仕事場に戻ったけど今日は無理して働くことないのよ、と
早退をオファーしてもらい、今日も働く気だったけれど、
とにかく自分の気持ちと体のことを一番に考えて、と言われて
家でのんびり色々考えています。
超音波の後、なんだかわからないけれど、あんまり涙が出てこなくって、
でもそのあと修志がデイケアから帰ってきて、今まであんまりでなかった涙が
一気にあふれてきた。
ベイビーをすごく楽しみにしていた修志に、
「ママのおなかのベイビー、もう大きくなれないんだって。」
と伝えると「どうして?ベイビーどこに行っちゃったの?」と。
もうそこで我慢ができなくなって、修志の前で大人げもなくワンワンとないてしまった。
修志はびっくりした様子で、でも私をぎゅーーーっと抱きしめて、
背中をトントンとして、大人が子どもに言うように、「大丈夫だよ、大丈夫大丈夫」と
私が落ち着くまでずっとそうしていてくれました。
私が少し落ち着くと、「修志ママに本読んであげるね。そうしたら悲しくない?」と言って
絵本を何冊も持ってきて読んでくれました。
そして、「また修志が、ママのためにすっごく早く走って、
ベイビーを探してつれてきてあげるから泣かないで」とまで言ってくれました。

修志の前でこんな涙を見せるなんて母親としてどうなのか。。。と自分で思いながらも、
そんな修志の精一杯の私に対する優しい慰めの言葉を聞いていたら、
あぁ・・・・この子はいつの間にこんなにやさしく成長したんだろう・・・・
いつの間にこんな優しい言葉が言える様になったんだろう・・・・と思ったら
本当に感動して、いつの間にか、悲しみの涙から感動の涙に代わっていました。

私には、この子がいる。
全力で支えようとしてくれるパパがいる。
何時でもいいから話したかったら電話して、
何か必要だったら電話してと言ってくれるお友達がいる。
3週間も仕事で穴を空けた私が、何も心配なく帰ってこれるように
一生懸命サポートしてくれようとするアシスタントたちがいる。
自分のことのように心配したり、悲しんだりしてくれる園長がいる。
みんなに支えられて、昨日はたくさん泣いて、
一晩寝たら、前へ進む気になれました。

来週には手術して本当にベイビーとさよならしなくてはいけません。
でも修志が元気に生まれてくれたことの奇跡、いつもそばにいられること、
たった二ヶ月だけれど私のおなかで精一杯育ってくれたベイビーと、
そしてたくさんの人のやさしさに感謝して生きて行こうと思います。

☆同じ様な経験をされた方や、同じような心配を抱えてる方の助けになれば、と思い
2人目、3人目妊娠がわかってからひそかに非公開で再開してた私のもう一つのブログ
Happy maternity life in きゃんべらを公開します。
短い中で山あり谷ありだった今回の妊娠生活の記録です。
そして、忘れ物を取りに帰ったベイビーがまた無事私のところに戻ってこられますように。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2012-05-03 09:10 | ☆★おなかのBaby☆★
<< **こどものひ。** Amber(琥珀)がteeth... >>