6年。
6年前。
旦那がANUのDrill Hall Gallery で行われた日本現代美術の展覧会で、
一人の日本人女性に「ソフトボールの練習に来ない?」と誘われた。
これが堀内家と浅香家との出会いの始まり。
e0006999_2065191.jpg

しかも、長年日本大使館チームが強く、なかなか優勝のトロフィーを手に入れられなかった
我らAJS(Australian Japan Society)チーム、優勝!
この年のソフトは本当に盛り上がりましたね。
このソフトの試合をきっかけに、あっという間に仲良くなり、
毎週末会ってた、なんて時もありました。
e0006999_20182897.jpg

コースト・・・・行きましたね~。
何回一緒に行ったのかな?数えきれないくらい、一緒に行きましたね。
e0006999_20184748.jpg

まさが釣りに、はまったのもこの時から。
e0006999_2038973.jpg

海で遊んで、釣りして、おいしいもの食べて、夜はギターセッションにおしゃべり。
e0006999_20455596.jpg

浅香家夫婦のけんかの仲裁とかもね。よくしてもらいました。笑

そして修志が生まれた。
e0006999_2053638.jpg

病院に、おいしい塩鮭弁当持って駆け付けてくれた。
e0006999_20554811.jpg

初めての育児で、修志は全っっっっ然寝ないし、湿疹もひどいし、
どうしたらいいかわからなかった私。
自信を失いかけても、
毎週堀内家のみんなが、会いに来てくれて、
かわいい、かわいい、と抱っこしてくれるたびに、「大丈夫」と思えた。
修志を一緒に「育てて」くれてありがとう。
e0006999_2142872.jpg

修志が大好きだった堀内家のソファー。
この上にお座りしてジャンプして。
修志のたくさんのよだれが染み付いてるこのソファーは
今、アメリカの堀内家新居にあります。
e0006999_21581162.jpg

修志ももちろん堀内家が大好き。
e0006999_21592439.jpg

数えきれないくらい抱っこしてもらって、遊んでもらって、
本当の家族のようにかわいがってもらいました。
e0006999_21283255.jpg

お食い初めも
e0006999_21294935.jpg

初節句も、堀内家でお祝いしてもらいました。
e0006999_21323785.jpg

一歳のお誕生日も
e0006999_21335169.jpg

2歳の誕生日も
e0006999_21362932.jpg

3歳の誕生日も一緒にお祝いしてもらった。
本当に、本当にありがとう。
ずっと一緒にいられると思っていました。
まさか、堀内家がキャンベラからいなくなる日がくるなんて考えてもみなかった。

まさは、人の好き嫌いが激しくて、付き合い下手。
そんな、まさが心を開いた人。
e0006999_21525226.jpg

わたしはまさと15年一緒にいるけれど、
家族以外の誰かにこんなに心を開いてるのはあんまり見たことありません。
ギターを一緒にたくさんひきましたね。
ガラス作家のまさにとってYさんは、
「今自分がしていること、自分が信じてることが正しいんだ、と思わせてくれる人」
だそうです。
職種はもちろん違うけれど、仕事に対する根本的な姿勢にすごく共感できる、と。

何かの縁があって知り合えた堀内家。
さよならは言いません。
また会えると信じているので。
これからも、別々の場所で、頑張っていきましょう。
たくさん支えてくれて、たくさん応援してくれて、
たくさん遊んでくれて、たくさんの楽しい時間を共有してくれて本当にありがとう。
何度ありがとうをいっても足りません。
大好きです。
e0006999_227454.jpg


下にあと2つ、記事をUPしています♪
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2012-07-29 22:23 | ♪Friends♪ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://masaandsat.exblog.jp/tb/18497868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by samandra at 2012-07-30 04:50 x
こんなふうに思える出会いをここで出来たことに感謝ですね。
たくさん支えてもらって
離れても大丈夫な時が来たのでしょうか。
もう会えないわけではないけれど
違う国に住むことの距離って、切ないですね。
がんばろー☆
Commented by さち at 2012-07-30 09:17 x
涙涙涙。。。
一度修ちゃんのお誕生日会でお会いしただけだったけれど、とっても素敵なご家族だったのを覚えてるよ。Satoko家と本当の家族みたいで、見てるこちらがほんわか温かくなった記憶があります。
別れは、いつも辛いね。。。置いていかれる方が何倍も辛いように感じてしまう。。。でも、きっと旅立っていくほうも辛いよね。

そう、きっとまた、どこかで会えるよ!またかけがえのない出会いもお互いあるだろうしね!!

↓うちも「ぐりぐらシリーズ」、たくさんあるよ~。日本語の本のセレクトは、ほとんど母の趣味で、笑。私も読書大好きなんだけど、海外にいると苦しいよね。E-readerで日本の書籍、開放して欲しい!!!そしたら、最新のが場所も取らずにすぐ読めるのにっ!最近は、仕方なく英語の本読んでるよ・・・。
Commented by masaandsatoko at 2012-08-04 20:04
Samandraさん♪
ホント、出会いはあっても、こんな風に思える出会いはなかなかありません。
離れても大丈夫なとき。。。。。まだまだ実は実感わいていません。
でもなんか、すぐに会えるような気もしていて。
次に会えるときまで、あったときに恥ずかしくないような生き方、
がんばります!
Commented by masaandsatoko at 2012-08-04 20:07
さちさん♪
ありがとう。
そうだね、一歳のパーティーのときにあっているよね。
ホント、この家族無しではキャンベラ生活、語れません。
本当に、万人から好かれるすごく素敵な家族です。

日本語の本、いいよねー。日本から取り寄せてもいいけど、重いからね~送料が。でも今回は全部自分たちで運んでこれたから良かったよ。
英語の本、読めるさちさん、すごい!
私は英語の本読むと、勉強、になっちゃって[私の英語力だと・・・]
全然楽しめないの。。。。
<< Japan: Kingdom ... 本の虫。 >>