修志、ごめんね。
すごい個人的なことなので、
私の心の中だけにとどめておこうかとも思ったんだけれど。。。
ここに書いて気持ちの整理をして、記事に残して読み返して
忘れないようにするためにも書いておきます。
(長いです。興味&時間のある方だけどうぞ。)

昨日、お友達のブログへ遊びに行って、彼らが作ったという傑作のビデオレターを鑑賞後、
Youtubeにコメントを残した。そのときふと、そういえば修志が小さいころは
たまーにだけれど、ブログに動画をUPするために、
Youtubeにダウンロードしてたんだよなーと、
何気に昔の動画を見てみた。
この動画。↓

見始めてすぐに、最近どこかに忘れ去られていた
修志への「やさしさ」「愛おしさ」の感情が、
一気にぶわーーーーっとわきあがってきて、
私、最近こんな風に修志のビデオとったっけ?
修志にこんな風にやさしく話し掛けたのはいつだっけ?と思った。
口を開けば小言ばかり。声をかけるのは注意をするときだけ。
「~しないで!」「何でそんなことするの?」「早くして!」「何度言えばわかるの?」
「静かにして!」「美桜ちゃんにやさしく!」
「今日はプリスクールでいい子だったの?」「言うこと聞いて!」
・・・・・こうやって並べるのもいやなくらいの、修志への言葉。
言われ続けてきた修志はどんな気持ちだったんだろう。
まだ5歳手前の、修志の目には、
こんな言葉ばかり毎日言って、
美桜を抱っこする私はどんな風に映ってるんだろう。

このビデオを繰り返し繰り返し見た。
ほかのビデオも何度も何度も見てみた。
e0006999_9393256.jpg

お座りができた、ぱちぱち手をたたくようになった、
おもちゃを上手にもてるようになった、上手に歩いた、
昨日できなかったこんなことができるようになった、
今日はこんなことをお話した、一人で食べるようになった、
おまるに座っておしっこが出た。。。。
毎日のほんの小さな小さなことで、喜びを感じていたころの私から、
ずいぶん遠くに来てしまったなー。
e0006999_9415453.jpg

このころは、ただ、元気に、育ってくれるだけでいいと思っていたのに。

修志の行ってるデイケアのプリスクールは、
ペアレンツからもすごく評判がよく、プログラムもしっかりしていて、
いろんなところに遠足に行ったり、いろんなプロジェクトに取り組んだりしている。
その分、子供たちへの期待されていること、求められていることも
ほかのプリスクールに比べるとかなり高い。
自分の勤務先だし、それを良かれと思って修志も通わせている。
でも、お行儀よくしている子供たちの中で、修志は結構目立つ。
いたずらなことばかりしてみたり、言うこと聞かなかったり。
他の子達と同じようにいい子にしない修志に、
大人の決め付けた「いい子」の枠にはまらない修志に
「どうして?」「なんで?」とばかり言って、
母親である私が真っ先に、「修志は悪い子」と決め付けていたんじゃないか。
e0006999_9522517.jpg

最低だな。と思った。
昨日、修志に
「ママ、美桜ちゃんが生まれてから、
あんまり修志にやさしくなかったよね。ごめんね。」と言ってみた。
そうしたら、「ママ優しいよ。怒っても、修ちゃんママの事好きだよ。」という返事が返ってきた。
この子はこんなに優しく、賢く、育ってくれてるじゃないか。
もっといいところを見て、伸ばしてあげないと。。。。。手遅れになる前に。
e0006999_9565653.jpg

このころみたいに、修志がいるだけでうれしくて、優しい気持ちになって、
修志のことだけを見つめて大事にしていたときの気持ちを思い出そう。
e0006999_1011382.jpg

まさは、いまだによく、修志のことを、ことあるごとにかわいい、かわいい、という。
e0006999_1091677.jpg

「素直じゃないじゃん、全然。すぐ口答えするし。」という私に、
「そういう年齢なんだよ。」と冷静な事を言うまさ。
あれ??私一応、保育士歴13年なんですけれど。。。。。苦笑
e0006999_10185993.jpg

今日から、もうちょっとやさしいママになるよ!!!
普段、あんまり落ち込んだりしない方なんだけれど、
昨日は久々に凹みました。ダメダメな自分に。
e0006999_10214089.jpg

ママ、がんばります。修子ちゃん!笑
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2013-09-05 10:21 | ♪♪修ちゃん話♪♪
<< **Father's ... 七三と、足の指。 >>