4年半ぶりの修ちゃんと母の湿疹奮闘記・追記☆
修志が湿疹がひどかったのは生後まもなく、乳児湿疹が出始めてから
その後、まったくよくならず3,4ヶ月くらいがピークで、5ヶ月過ぎには
ずいぶんおさまった記憶があります。
過ぎてしまって今思いかえせば、短い5ヶ月。
でもそのときはすごーーーく長い時間に思われて、
ずっと治らないんじゃないかって思いました。
それに出産したばっかりで何もかもが始めての育児
、不安、寝不足、それに加えて湿疹の悩み。。。。
パパがいまだに「あの時は大変だったよねーよくがんばったよねー」なんていっています。

修志の湿疹で気をつけていたことを思い返して見ました。

・加湿
キャンベラはも乾燥地帯なので、乾燥のせいもあるかも!と、加湿器をつけていました。
加湿しすぎて窓が曇り、部屋が熱帯雨林状態になったことも。。。笑

・手袋
起きているときは見ていられるけれど、眠いとき/寝てるときはよく
頭をかいたり顔をこするのでミトンはかかせませんでした。
でも普通のコットンのミトンだと、ごしごしこするとそれだけでも
肌に刺激なのでこのミトンがお勧めです!!

ドクターミトンかゆいっこ
e0006999_94572.jpg

ひっかき防止の二重ミトンです。
決して安くは無いけれど、これは赤ちゃんがごしごしこすっても
ひっかけないのでよかったです。
すぐお洗濯してもすぐ乾くので2組買って洗っていました。
わりとゆるいので、取れないようにサージカルテープで
腕のところをくるっと巻いて止めて使ってました。

・帽子
顔、体がよくなっても頭皮がかゆいことがあり、
布の帽子をよくかぶせてました。
e0006999_9903.jpg

こんな感じで。
e0006999_992886.jpg

ほとんど毎日家でも外でも帽子かぶってて、
そのおかげか、赤ちゃんによくありがちの「帽子が嫌いでとってしまう」っていうのが
大きくなっても修志は無かったです!
よくみんなに「修ちゃんはいつもちゃんと帽子かぶってて偉いねー」っていわれました。
今でも帽子なしでは外に出かけません!
(これ、紫外線が半端無いオーストラリアではとっても重要!)

・清潔と保湿
たとえ湿疹がよくなってきても、気を抜かずにとにかく保湿!!
オムツがえのたびに、QVクリームを全身に。

・ステロイドをしっかり、お医者様の指示通り使う
ステロイドが怖いからと、中途半端に長期間使うほうが悪いそうなので
きっちり使って短期間で治す!!と自分に言い聞かせました。
結果、治りが早く、ステロイドを長期間使わずにすみました。


あとは、本当に、そのときは辛くて長く感じるけれど、何が修志の湿疹を
治したかって言うと、修志自身の体の成長だと思います。
体が大きくなって、抵抗力もついて、強くなっていったから。

初めての子育て、最初の数ヶ月は湿疹のせいで不安だらけで楽しめなかったなーと
今思い返してみるとそう思います。
かわいいかわいい修志よりも湿疹ばかり見ていたような。
あっという間に過ぎてしまう、かわいい盛りの赤ちゃん期。
あの悩んで悩んでどうしようもなかったころの私に「大丈夫!!」って言ってあげたいです。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2014-04-01 09:25 | 修ちゃんの湿疹話★
<< あんよがじょうず♪ 修志のアレルギー、その後。 >>