花のシドニー生活♪
シドニーで共働きしてた頃は、それこそ日本にいたときよりもいい生活をしてました。

今でこそ、ラップやトイレットペーパーの値段比較のため、スーパーで旦那と
二人立ち往生することもしばしば。値段な安さに勝てず、大抵ホームブランドが、
かごに入れられます。
前は、食費がいくらかかろうが、ティッシュの値段がいくらだろうが気に留めたこともなかった。
週末は、シティに買い物に出て、夜はおいしい寿司屋さん行って~~たらふく食べて~~。
食べることが大好きな私たち。さらに旦那は大食いのオージーもビックリするくらいよく食べる・・が、味にうるさいという、非常にお金がかかるパターン。
私の元同僚の先生は私たち二人の一週間の食費を聞いてたまげてました。
そして前にも触れたように記念日好きな私。
○○記念日、バースディ、クリスマス・・・・・など、なにかにつけておいしいと評判の
レストランへ。周りの友達からも、「さとこちゃん、来年から学生なのに・・・大丈夫?」と
心配されても、「大丈夫!貯金もしてるから~~~」と、甘く見ていた。
実際、毎月結構まとまった額、貯金してました。そのお金がどこに行ったかといえば・・・
旦那が大学入学前に半年通った学校の費用へ・・・。
ANU入学のためにはIELTSというオーストラリアの英語力を測る試験で、
6.5ポイント以上必要で、そのために猛勉強したんです・・。
旦那いわくすごくその半年で英語力が伸びたとか。
でもいいと評判の学校は、学費もお高かったんです・・。

さて、色々行ったレストランの仲で絶品だったのが、知る人ぞ知る、Tetsuya’s
日本のガイドブックにも良く載っていますが、オーナーシェフ、和久田哲也氏の
シグネチャーディッシュ、’オーシャントラウトのコンフィ’は、とろけます。
値段も、かなりお高めですが、サービス、味、雰囲気すべて最高。試す価値アリ!です。
(ちなみに3~4時間、10コースでひとり$175から)
Tetsuya's

旦那が仕事を依頼されて、作品を置かせていただいてることもあって
よく行ってたのが、東レストラン。
シティの中心、チフリープラザの中にある、純日本食レストラン。
おいしいお寿司を食べたかったらここ!寿司カウンターもあります。
私達のお気に入りは、和牛のカルパッチョ&大トロのあぶり寿し。
サービスも、味も、一流です。オーナーシェフの東さんも気さくで、とっても良い方です。
ホームページには、東さんのお店においてある作品を作っている作家さんたちの
Galleryのページもあります。
東ジャパニーズレストラン

手軽においしい回転寿司が食べたかったら、シティと、チャッツウッドにある
寿司バー・誠。シティのほうに最初のお店があったときから、いつも大人気で、
7時くらいからいつも行列が出来ていました。大人気を受けて、
チャッツウッドに二号店が出来ました。

食道楽の私たち・・・。キャンベラに来て食費を減らすのに死に物狂いになってる私。
(念のため、旦那はたくさん食べますが太ってません。間違いなく胃下垂・・。)
最近外食してないなぁ~~~~おいしいお寿司が食べたいよ~~。

こちらは、和久田哲也氏の、オーシャントラウトのコンフィ。e0006999_22504326.jpg

[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-21 22:52 | about us♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masaandsat.exblog.jp/tb/39687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< たくましいオージーの子ども達。 貧乏生活。 >>