<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
☆★☆by. Satoko★☆★
ダミー、ナッピー、バギー。
ブログをはじめてまだ一週間ちょっと・・・なのに、
早速3日間もサボっちゃいました。
その理由はAnimal Crossing(どうぶつの森)のゲームに熱中しまくったから(笑)。
すみません・・・・・。こんなんではいかん!!と思いまして、
今日はゲームをやりたいのをこらえ、旦那に先にゲームをしてもらってます。
私が欲しくて買ったゲームで、「面白いの?それ。」といってた旦那もはまってます。
やはり日本製のゲームは面白い!!・・ゲームのことについて語ると長くなるので
それは次の機会にぜひ。

さて、タイトルにもある、ダミー(おしゃぶり)、ナッピー(おむつ)、バギー(ベビーカー)。
これは幼児界の三種の神器、ってかんじですね。
オーストラリアに来て街で見かける子ども達を見て、「かわいい~~」よりも
一番最初に感じたのは、
「何であんなでっかい子がバギーに乗っかって、しかもダミーまでしてんの??」。
もうとっくに3歳とか過ぎてる子がダミーを普通に歩きながらしてるし、バギーに関しては、
あんた、5歳くらいでしょ?って子まで乗っかってます。
買い物とか行くときに疲れて、ぐずられると困るからなのか・・・・?
日本じゃ変な目で見られるよね?私の感覚だと、ダミーをしていいのは
ハイハイをしてる赤ちゃんだけなんですが・・・。
そしてナッピー。これもとれるのが遅い!!3歳、4歳位までけっこうしてる。
日本の保育園では一歳から、おまるorトイレに座らせ始めて、
2歳~、遅くとも3歳で大抵オムツとはさよならするのが平均らしい。
オージーの考えって、「一生ナッピー&ダミーしてる子なんていないんだから、
取れるときに取ったらいいんじゃない??」って感じです。
決して、子どもに強要しない。あくまでも子どもの意思、尊重。

だから、日本人のお母さんで、オージーの旦那さんの人とか、
ハーフでなくても、それこそ駐在員としてオーストラリアに来てるお母さんが、
「日本に里帰りとかした時に、おじいちゃん、おばあちゃんに必ず、
《まだおむつしてるのか!》って言われちゃうの・・・」って言ってました。
これ、ホント。私からすると、意思を尊重するのはいいけど、
なんかちょっと尊重するトコ違うんじゃ・・・って思う。
もちろん嫌がる子どもを無理に・・・って考えじゃなくて。
あくまでもトイレとかって’トレーニング’じゃない。
みんなオージーサイズで、でっかいのにダミー&ナッピー&バギー。
これってどう思います?こう思うのって、日本人だからなんだろうか・・・。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-30 18:24 | ☆childcare★
♪家族サービスデー♪
・・・・と、言っても、私がサービスしたわけでなく、サービスしてもらいました♪
アセスメント、論文で最近ずっと旦那は忙しく、帰ってくるのが遅かったりしてたので、
めでたくアセスメントも終わったので、ちゃっかりおねだりしてみました。
しかも、アセスメントの結果が、Distinction(=卓越、功績)という良い評価をいただいたそうで、かなりご機嫌の旦那様。旦那のお疲れ&私の慰安会をかねて昨日の夜は
キャンベラで一番、と評判の’庵’という日本食レストランへ。(・・といっても、
シドニーとは大違いで、日本食レストラン自体、キャンベラに3~4件しかないんだけどね・・・。)
和牛のステーキ&ぶりのみそ焼きをいただきました~。
感想は、おいしかったけど、ちょっと値段が全体的にお高め?な気がしました。
でもこのレストラン、オージーでも知ってる人が多くて、みんな
「あそこはいいよ!」と言っております。
デザートは、抹茶のチーズケーキでしめて、大満足。
久々にちょっといいレストランでお食事した、って感じ。キャンベラの中では、
やっぱり一番の日本食レストランなのかな。いつも混んでるし・・・。

そして今日は、買い物に付き合ってもらいました。
男の人には珍しく、買い物に行くのをそんなに嫌がらない彼。
でも最近ずーーーっと忙しかったので・・・。
服、特に最近の寒さに備えて、ジャケットを買う予定だったんだけど、
オーストラリアって、あんまりいい服ないのよねぇ・・・。
買い物に行くたびに、「あーーー、日本だったらもっとかわいくて、安い服あるのに・・。」とか
「このワンポイントのマークさえなければ買うのにな・・・」など、
あんまりいいものにめぐり合えない。特に服は。
気に入ったのを見つけると、日本じゃありえない!って位高かったり。
値段張るくせに安っちい生地だったり。

今日もそんな感じで、服を買うはずが予定外のゲームソフトなんぞ買ってしまった。
ゲーム好きのうちら。日本では「どうぶつの森」と言う名前のソフトが、
「Animal Crossing]と言う名前で売ってるのを発見。
早速はまり中・・・。
地味だけど、大満足の週末でした~~。
明日からまたベイビーとの格闘、がんばりますっ。
e0006999_2139910.jpg

[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-26 18:15 | about us♪
可愛い子どもたち♪
ついに、ついに、キャンベラに戻ってきました、太陽が。
2週間ぶりの太陽?!
毎日これだけ寒くて、うっそうとした曇り空&雨だと、何だか気分も沈んでくるし、
デイケアでも外遊びが出来ずベィビーたちのストレスがたまる。

天気がよければうちのベイビークラスでは、大抵ランチ前の一時間弱を
滑り台したり~、お砂遊びしたり、ボール遊びしたり・・・
時には外でペインティングしたり、小麦粉粘土したりと、和やかに過ごすのですが、
外にいけない日が続いてくると、夕方あたりからやけにベィビーたちが
攻撃的&野性的になってくる。
ただでさえ、日本のベィビーたちに比べるともともと野性っぽいオージーベィビーたち。

こっちでおもちゃの取り合いをしてうなり声を上げ、あっちで友達に馬乗りにされ悲鳴をあげ、
こっちでは絵本の取り合いで噛み付こうとしてる!!!
ひぇ~~~とばかりにスタッフ4人総出で、止めにかかる。
そうすると、しかられて、自分のしたい事を止められたーーーー!!とばかりに
あっちでギャー!こっちでギャー!!泣き声の嵐。
それにつられてハンモック(バウンサーって言うの?)で寝てた3ヶ月ベィビーが
あまりの騒音に反応し、ギャ~~~~~~!!!
想像していただけました??壮絶な場面。

この仕事は、子ども好きなことはもちろん、体力&気力、忍耐力が必要です。
子ども達の泣き声がステレオになって、めまいがすることも。
頭の血管切れそうになりながらも、とりあえず、笑顔で。

こんな子ども達でも、天使の笑顔で抱っこをせがんで抱きついてこられたりすると・・・
かなり、癒されちゃいます。
最近は、1歳半過ぎの女の子を筆頭に、しゃべり始めてきた子ども達もちらほら。
その子達が、私の名前を覚えて、よんでくれるの、「すっ・・・ここ」って。
(念のため、私の名前はさとこです。
「さ」の発音がまだうまくいえないところが、さらにかわいい!)
そんな風に呼ばれてしまうと、もう私はデレデレです。
他人の子でもこんなに溺愛してしまう私、自分の子だったら、
どんだけ親ばかデレデレママになったしまうのか恐ろしいところ。
旦那さーん、私のほうは準備ばっちりなんですけどー。
はやくMy Babyがほしーよー。

どなたか、コメント残して行ってやってくださいな♪
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-25 10:25 | ☆childcare★
旦那よ、頑張れ!
今日も、毎日毎日、雨雨雨・・・・・が降り続くキャンベラからお届けします。

旦那はここ一週間ちょっと、明日あるアセスメントのため、
毎晩10時くらいまで学校に缶詰して作品作りに追われています。
明日が、今学期の評価を受ける日なんだそうな。
この間、論文が終わって、ホッとする間もなく・・・ホント、大変ね・・・。

旦那はガラス作家ですが、なにを隠そうこの私は’何かを作り出す’ということにおいて
才能ゼロ。(職業柄、作れるのは折り紙くらい・・・?)
なので、旦那や、元ボス夫妻や、
周りの作家さんたちを見てるとすごいなぁぁ~~~って思う。
元ボス夫妻は、オージーで、ガラス界ではかなり有名なほうに入る人たちで、
奥さんがデザインして、旦那さんのほうがガラスをブローして形を作る、というスタイル。
夫婦でそういう風に出来たら素敵よねぇーーー。とあこがれる私。
一回ボスの好意でガラスをちょっと触らせてもらったんだけど、
自分には到底出来ない技だと悟りましたよ・・・。
まず、ガラスを溶かすでっかい窯ってのがあるんだけど、
それがむっちゃ熱くて、ガラスをさおに巻き取るのに窯にちょっと近づけば、
「あつっあつっあつっ・・・・・」となって、かなり腰が引けてたなさけない私。
腕のうぶげが、チリチリしたもん!!!
そしてさおを、台の上で転がし続けながら、ガラスが熱くてやわらかい内に
ピンセットのでかい版みたいなので形を整えて・・・って、一度にそんなことできるか!!って。
右手と左手違うことを同時にできない私。(ピアノも、職業柄必要なのにすっごく苦手。)
手先を使うことすべてにおいて器用な旦那に軽蔑される機会が多い私・・・。
旦那は立派な、高そうなギターを二本も持ってて、人並み以上に弾けるし、
ピアノもちょっと練習すれば私よりうまく弾きこなすし、
料理もうまい。この間なんか、美容師のような手さばきで、私の髪を切った。

人間、どうしてこうも、器用、不器用の差があるんでしょうねぇ・・・。

不器用なくせに、好奇心だけは、人一倍あってやりたがり&ほしがりなくせに、飽きっぽい私。
それを象徴してるのが、
日本にいたときキティラーだった私が旦那にねだってクリスマスプレゼントに買ってもらった、
ぞうさんギター、キティバージョン
オーストラリアにまで、はるばる苦労してもってきたくせに、弾ける曲、なし。
曲どころか、コードも押さえられない。
もっぱら飾り物&毎回友達が来るたびに、珍しいので話のネタになってます。

久々にケースから出して、写真とってみました♪
e0006999_21471754.jpg

[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-23 19:50 | about us♪
たくましいオージーの子ども達。
今のチャイルドケアセンターで働き始めて2ヵ月半が過ぎようとしてます。
私が受け持ってるクラスは、’Infant class’で、要するに0~1歳過ぎくらいまでの、
赤ちゃんクラスです。
遊んで、ランチを食べさせ、寝かしつけて、ナッピー(オムツ)を替えて・・と
一日があっという間に過ぎて行く感じ。
抱っこの回数も多く、一度に二人、両手に抱えてることも。かなり、体力勝負な仕事。
一人が泣き出すと連鎖反応で、次々と泣き出し、地獄のような光景になることもしばしば・・。

私がオーストラリアのデイケアで働き始めて、一番日本との違いを感じたこと、
おいおいおい・・・と思ったことは、食べ物。
朝のモーニングティーは、ベジマイトサンドウィッチ。
ベジマイト、って知ってますか?オーストラリアを代表する食べ物(?)です。
麦芽を発酵させて作った、チョコレートみたいな色の、パンに塗って食べるペーストです。
日本人にはかなり食べにくい、といわれてますが、私も旦那も結構いけるくちです。
e0006999_191517.jpg

ベジマイト、大人にとっても結構しょっぱいお味。
こんな味の濃い、しょっぱいもの、赤ちゃんが口の周りまっちゃっちゃにして食べる食べる。
聞くところによると、ベジマイト自体は、栄養満点で、子どもにもいいらしい。
でもこんな味の濃いもの・・・・と、日本人の私は結構抵抗があった・・・・が、
こんなもん、まだ序の口だった。

ある日のアフタヌーンティーは、バナナと、ソルタナ(干しぶどう)と、なんと、
プリングルス(オリジナル味)だった
サワークリーム&オニオン味じゃないにしても・・・・かなり、味濃いよね?!
またある日はバースディだった子がケーキをおやつにもってきた。
しかも、アイスクリームケーキ。
皆さん、ドロッドロになりながら、アイスクリームケーキを手づかみでワイルドに。
壮絶な光景だった・・・。
イースターのときはもちろんイースターエッグチョコ、バリバリ食べてたし。
チョコを食べた日の寝つきがみんな悪かったのは絶対、チョコで興奮してたからに違いない。
毎日出るランチも食べようが食べまいが 
てんこ盛りで、トマトパスタとか、フィッシュフィンガー(白身魚のフライ)とか、
味が濃かったり、赤ちゃんには脂っこいのでは?と思われるものが多い。

もちろん、3ヶ月の赤ちゃんにはこんなもの、食べさせてないけど・・・。
日本人には考えられない、オージーベィビーの食生活・・・。
成人病にはくれぐれも気をつけてね・・・。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-22 19:25 | ☆childcare★
花のシドニー生活♪
シドニーで共働きしてた頃は、それこそ日本にいたときよりもいい生活をしてました。

今でこそ、ラップやトイレットペーパーの値段比較のため、スーパーで旦那と
二人立ち往生することもしばしば。値段な安さに勝てず、大抵ホームブランドが、
かごに入れられます。
前は、食費がいくらかかろうが、ティッシュの値段がいくらだろうが気に留めたこともなかった。
週末は、シティに買い物に出て、夜はおいしい寿司屋さん行って~~たらふく食べて~~。
食べることが大好きな私たち。さらに旦那は大食いのオージーもビックリするくらいよく食べる・・が、味にうるさいという、非常にお金がかかるパターン。
私の元同僚の先生は私たち二人の一週間の食費を聞いてたまげてました。
そして前にも触れたように記念日好きな私。
○○記念日、バースディ、クリスマス・・・・・など、なにかにつけておいしいと評判の
レストランへ。周りの友達からも、「さとこちゃん、来年から学生なのに・・・大丈夫?」と
心配されても、「大丈夫!貯金もしてるから~~~」と、甘く見ていた。
実際、毎月結構まとまった額、貯金してました。そのお金がどこに行ったかといえば・・・
旦那が大学入学前に半年通った学校の費用へ・・・。
ANU入学のためにはIELTSというオーストラリアの英語力を測る試験で、
6.5ポイント以上必要で、そのために猛勉強したんです・・。
旦那いわくすごくその半年で英語力が伸びたとか。
でもいいと評判の学校は、学費もお高かったんです・・。

さて、色々行ったレストランの仲で絶品だったのが、知る人ぞ知る、Tetsuya’s
日本のガイドブックにも良く載っていますが、オーナーシェフ、和久田哲也氏の
シグネチャーディッシュ、’オーシャントラウトのコンフィ’は、とろけます。
値段も、かなりお高めですが、サービス、味、雰囲気すべて最高。試す価値アリ!です。
(ちなみに3~4時間、10コースでひとり$175から)
Tetsuya's

旦那が仕事を依頼されて、作品を置かせていただいてることもあって
よく行ってたのが、東レストラン。
シティの中心、チフリープラザの中にある、純日本食レストラン。
おいしいお寿司を食べたかったらここ!寿司カウンターもあります。
私達のお気に入りは、和牛のカルパッチョ&大トロのあぶり寿し。
サービスも、味も、一流です。オーナーシェフの東さんも気さくで、とっても良い方です。
ホームページには、東さんのお店においてある作品を作っている作家さんたちの
Galleryのページもあります。
東ジャパニーズレストラン

手軽においしい回転寿司が食べたかったら、シティと、チャッツウッドにある
寿司バー・誠。シティのほうに最初のお店があったときから、いつも大人気で、
7時くらいからいつも行列が出来ていました。大人気を受けて、
チャッツウッドに二号店が出来ました。

食道楽の私たち・・・。キャンベラに来て食費を減らすのに死に物狂いになってる私。
(念のため、旦那はたくさん食べますが太ってません。間違いなく胃下垂・・。)
最近外食してないなぁ~~~~おいしいお寿司が食べたいよ~~。

こちらは、和久田哲也氏の、オーシャントラウトのコンフィ。e0006999_22504326.jpg

[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-21 22:52 | about us♪
貧乏生活。
e0006999_197884.jpg

私は毎朝、食費節約の為せっせと旦那&自分のお弁当を作っています。
最近はずいぶん慣れたもので、手の抜き方も覚えてきたのでそんなに大変、と感じることも
なくなってきたけど、何しろオーストラリアに来る前は、お弁当はすべてお母さん任せ、
おにぎりも三角に握れなかった私なので、(幼稚園に勤めてた頃も、なんとお母さんに作って
もらってました・・・・恥ずかしながら。)最初は必要以上に早く起きて、
朝から悪戦苦闘してました。

とにかく今のうちら、貧乏なんです。旦那は学生、私は働いてるけど、学生ビザの配偶者の
労働規定は、旦那と同じ、週20時間以内。これってかなりきつい。
だから、デイケアのディレクターも、フルで働いてほしい、って言ってくれてるのに、
11時~16時(1h break)のシフトなんです。
なので、収入も限られてくる。だってどんなに頑張ったって週20時間なんだもん。
とうとう両家の親に、ヘルプを頼まなきゃいけない羽目に。
来年、旦那がマスター(大学院)をやるようになると、労働規定が変わって、フルタイム就労可になるので、とりあえずそれまで何とか食いつないでいかなくては・・・。

親からは、「学生になるのは前からわかってたのに、どうしてシドニーで働いてたときに
もっと貯金しておかなかったの!!」・・・と。もっともすぎて、返す言葉もありませぬ・・・。
もっとあの時計画性を持って、もっと節約していれば・・・(涙)。
私たちの無計画ぶりは、次のブログで・・・。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-21 19:29 | about us♪
☆祝・8年記念★
今日は、6月20日、まさ&さとこの'付き合って'8年記念日なのだ。

高校3年、17歳の頃から付き合って、旦那は20歳で、私は22歳でオーストラリアに来て、
23歳で結婚したわけなんですが・・・。
まだ結婚自体は2年目の新婚さん♪なのだけれど、付き合い自体は長いので、
周りからも、「まだ若いのに、何だか老夫婦のよう・・・。」といわれてしまう私たち。
でも8年前は二人とも制服着て毎日手をつないだり、
チャリをハブステ(すっごくこのひびき懐かしくない?)つけて、
二人乗りして一緒に帰ってたんだよなー。う~~~~ん、初々しい・・・。

なにを隠そう私は記念日好きなので、何かにつけて
’付き合って○年と○ヶ月記念日~~’などと地道にカウントして祝って楽しんでいました。
でもこの8年の間に遠距離2年あり、別れた回数、3回ほど・・・。
色んなことがありました。
一番大変だったのは遠距離してて別れてしまった時・・・。
私がふらふらと遊び呆けていたら、彼に呆れられ(笑)、捨てられました・・・。
電話ではらちがあかなくて、そのとき勤めてた幼稚園の夏休みを利用して、
「来なくていい」と言う彼を押し切ってオーストラリアまで押しかけました、私。
あの時は必死だったんだなぁ・・。

でも、前から、「30までは結婚はしない!!」と言い切っていた彼と、
妙に昔から結婚願望が強かった私が結婚することになったのは、あの離れていた2年間に
色んなことを学んだからだと思う。お互いを思いやる気持ち、お互いを信じる気持ち、
お互いを大事に思う気持ち・・・。離れていなければわからないことがたくさんあったよー。
あの頃は辛かったけど、今思えば二人にとって、とっても貴重な体験でした。
この気持ちを忘れずに、これからも記念日、カウントし続けられたらいいな。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-20 19:23 | about us♪
キャンベラの冬・・・。
ここのところ毎日、とっっても、寒い!
シドニーで過ごした2年で、’冬の寒さ’ってものをすっかり忘れてた!!
周りから、「キャンベラは、冬は寒いし、夏は暑いよ~~。」と
悪夢のようなことをきかされてはいたものの・・・。
日本ばりに寒いです。シドニーでは真冬でも日中はセーターなんか着た日には
汗かいて気持ち悪くなっちゃうくらいだったのにー。

キャンベラ引っ越しに備えて、シドニーの帰国セールで電気ヒーターを買ってきて、
家には今2台の電気ヒーターが活躍中・・・・ですが、風が出てくるタイプじゃなくて、
日本ではあんまりおなじみでない、電熱線でジワ・・・ジワ・・・と温めるタイプ。
近くに張り付いてないと、ほとんど暖かくない!!!

今日朝から、旦那さんにガスストーブ買って!!と
このキャンベラの寒さについて文句を言っていたら、
彼いわくこのオーストラリアの建物のつくりにも問題がある!!と。
日本だったらレンガ造りの家はまずなくて、熱を逃がしにくい構造になってるけど、
ここ、オーストラリアの主流はレンガ造り。
見た目は可愛いけど・・。建てつけも悪くてうちなんて隙間だらけ。
「ガスストーブ買ったところで、ガス代の無駄だぁ~~~!!」と一喝されました。
そうなんでしょうか・・・。
日本の石油ストーブの温かさが懐かしいよー、おかあさーん!!

今日は雨も降ってるし・・・家でホットチョコレートでも飲みながら
Gamecubeのマリオでもしようかな~~~。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-19 13:14 | *canberra*
はじめまして♪
シドニーから旦那の大学行きにともなってキャンベラへ引越してきてから4ヶ月。
このブログでは、旦那をサポートしつつキャンベラで生活する私の日記を
お届けしたいと思います♪

自己紹介を少々。
旦那と私は高校のときからの付き合いですが、二年前に結婚。
旦那はオーストラリア歴今年で5年目、ガラス職人です。今はAustralian National University(ANU)で学生をしていますが、5年前、専門を卒業した後すぐに
オージーのガラス作家夫婦にグラスカッターとして引き抜かれて
オーストラリアにやってきました。
ビジネスビザで働くこと4年、もっと英語力を磨くため&自分の作品作りをするために
大学進学を決意、猛勉強の末、今年の2月からANUで再びガラスの勉強を始めました。

私はオーストラリア歴3年目、短大を卒業してからチャイルドケア一筋で仕事をしています。
日本では二年、幼稚園に就職しましたが、女だらけの閉鎖的な職場&女同士の上下関係・・
子どものための保育がしたくても、行事にともなうあらゆる製作物、お遊戯などを子ども達に
詰め込むしかない毎日・・・。主任・園長の言うことは絶対!!という生活に疲れ、
彼のいたオーストラリアへ逃亡!!

この2年間は私と彼にとって一番大変で、一番勉強になった
遠距離恋愛をした時期でもありました。

オーストラリア・シドニーに来てからは日系の幼稚園での仕事に恵まれ、
駐在員さん相手のベビーシッターなどもして、二人でバリバリ働き、
バリバリ遊ぶ生活が続きました。
そしてキャンベラへ・・・。
最初の感想は予想どうり。
「何もない・・・。」
シドニーに2年半いた私にとっては友達もいなく、仕事もなく寂しい毎日・・・。

でも、ここでも人の縁に恵まれ、運良く現地のデイケアに拾ってもらうことが出来ました。
オーストラリアに来てから特にひしひしと感じること、それは
「人との出会い」の大切さ。
シドニーでの仕事も、ここでの仕事も、ホント、’ラッキー’の一言に尽きる。
実際、海外できちんとした仕事を見つけるのはとても大変なこ
ましてや私のように英語に自信がない・・・となるとなおさら。
今は毎日可愛いベイビーたちに囲まれて仕事してます♪
これからどうぞよろしく♪
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ by masaandsatoko | 2005-06-19 12:14 | about us♪