貧乏生活。
e0006999_197884.jpg

私は毎朝、食費節約の為せっせと旦那&自分のお弁当を作っています。
最近はずいぶん慣れたもので、手の抜き方も覚えてきたのでそんなに大変、と感じることも
なくなってきたけど、何しろオーストラリアに来る前は、お弁当はすべてお母さん任せ、
おにぎりも三角に握れなかった私なので、(幼稚園に勤めてた頃も、なんとお母さんに作って
もらってました・・・・恥ずかしながら。)最初は必要以上に早く起きて、
朝から悪戦苦闘してました。

とにかく今のうちら、貧乏なんです。旦那は学生、私は働いてるけど、学生ビザの配偶者の
労働規定は、旦那と同じ、週20時間以内。これってかなりきつい。
だから、デイケアのディレクターも、フルで働いてほしい、って言ってくれてるのに、
11時~16時(1h break)のシフトなんです。
なので、収入も限られてくる。だってどんなに頑張ったって週20時間なんだもん。
とうとう両家の親に、ヘルプを頼まなきゃいけない羽目に。
来年、旦那がマスター(大学院)をやるようになると、労働規定が変わって、フルタイム就労可になるので、とりあえずそれまで何とか食いつないでいかなくては・・・。

親からは、「学生になるのは前からわかってたのに、どうしてシドニーで働いてたときに
もっと貯金しておかなかったの!!」・・・と。もっともすぎて、返す言葉もありませぬ・・・。
もっとあの時計画性を持って、もっと節約していれば・・・(涙)。
私たちの無計画ぶりは、次のブログで・・・。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ # by masaandsatoko | 2005-06-21 19:29 | about us♪
☆祝・8年記念★
今日は、6月20日、まさ&さとこの'付き合って'8年記念日なのだ。

高校3年、17歳の頃から付き合って、旦那は20歳で、私は22歳でオーストラリアに来て、
23歳で結婚したわけなんですが・・・。
まだ結婚自体は2年目の新婚さん♪なのだけれど、付き合い自体は長いので、
周りからも、「まだ若いのに、何だか老夫婦のよう・・・。」といわれてしまう私たち。
でも8年前は二人とも制服着て毎日手をつないだり、
チャリをハブステ(すっごくこのひびき懐かしくない?)つけて、
二人乗りして一緒に帰ってたんだよなー。う~~~~ん、初々しい・・・。

なにを隠そう私は記念日好きなので、何かにつけて
’付き合って○年と○ヶ月記念日~~’などと地道にカウントして祝って楽しんでいました。
でもこの8年の間に遠距離2年あり、別れた回数、3回ほど・・・。
色んなことがありました。
一番大変だったのは遠距離してて別れてしまった時・・・。
私がふらふらと遊び呆けていたら、彼に呆れられ(笑)、捨てられました・・・。
電話ではらちがあかなくて、そのとき勤めてた幼稚園の夏休みを利用して、
「来なくていい」と言う彼を押し切ってオーストラリアまで押しかけました、私。
あの時は必死だったんだなぁ・・。

でも、前から、「30までは結婚はしない!!」と言い切っていた彼と、
妙に昔から結婚願望が強かった私が結婚することになったのは、あの離れていた2年間に
色んなことを学んだからだと思う。お互いを思いやる気持ち、お互いを信じる気持ち、
お互いを大事に思う気持ち・・・。離れていなければわからないことがたくさんあったよー。
あの頃は辛かったけど、今思えば二人にとって、とっても貴重な体験でした。
この気持ちを忘れずに、これからも記念日、カウントし続けられたらいいな。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ # by masaandsatoko | 2005-06-20 19:23 | about us♪
キャンベラの冬・・・。
ここのところ毎日、とっっても、寒い!
シドニーで過ごした2年で、’冬の寒さ’ってものをすっかり忘れてた!!
周りから、「キャンベラは、冬は寒いし、夏は暑いよ~~。」と
悪夢のようなことをきかされてはいたものの・・・。
日本ばりに寒いです。シドニーでは真冬でも日中はセーターなんか着た日には
汗かいて気持ち悪くなっちゃうくらいだったのにー。

キャンベラ引っ越しに備えて、シドニーの帰国セールで電気ヒーターを買ってきて、
家には今2台の電気ヒーターが活躍中・・・・ですが、風が出てくるタイプじゃなくて、
日本ではあんまりおなじみでない、電熱線でジワ・・・ジワ・・・と温めるタイプ。
近くに張り付いてないと、ほとんど暖かくない!!!

今日朝から、旦那さんにガスストーブ買って!!と
このキャンベラの寒さについて文句を言っていたら、
彼いわくこのオーストラリアの建物のつくりにも問題がある!!と。
日本だったらレンガ造りの家はまずなくて、熱を逃がしにくい構造になってるけど、
ここ、オーストラリアの主流はレンガ造り。
見た目は可愛いけど・・。建てつけも悪くてうちなんて隙間だらけ。
「ガスストーブ買ったところで、ガス代の無駄だぁ~~~!!」と一喝されました。
そうなんでしょうか・・・。
日本の石油ストーブの温かさが懐かしいよー、おかあさーん!!

今日は雨も降ってるし・・・家でホットチョコレートでも飲みながら
Gamecubeのマリオでもしようかな~~~。
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ # by masaandsatoko | 2005-06-19 13:14 | *canberra*
はじめまして♪
シドニーから旦那の大学行きにともなってキャンベラへ引越してきてから4ヶ月。
このブログでは、旦那をサポートしつつキャンベラで生活する私の日記を
お届けしたいと思います♪

自己紹介を少々。
旦那と私は高校のときからの付き合いですが、二年前に結婚。
旦那はオーストラリア歴今年で5年目、ガラス職人です。今はAustralian National University(ANU)で学生をしていますが、5年前、専門を卒業した後すぐに
オージーのガラス作家夫婦にグラスカッターとして引き抜かれて
オーストラリアにやってきました。
ビジネスビザで働くこと4年、もっと英語力を磨くため&自分の作品作りをするために
大学進学を決意、猛勉強の末、今年の2月からANUで再びガラスの勉強を始めました。

私はオーストラリア歴3年目、短大を卒業してからチャイルドケア一筋で仕事をしています。
日本では二年、幼稚園に就職しましたが、女だらけの閉鎖的な職場&女同士の上下関係・・
子どものための保育がしたくても、行事にともなうあらゆる製作物、お遊戯などを子ども達に
詰め込むしかない毎日・・・。主任・園長の言うことは絶対!!という生活に疲れ、
彼のいたオーストラリアへ逃亡!!

この2年間は私と彼にとって一番大変で、一番勉強になった
遠距離恋愛をした時期でもありました。

オーストラリア・シドニーに来てからは日系の幼稚園での仕事に恵まれ、
駐在員さん相手のベビーシッターなどもして、二人でバリバリ働き、
バリバリ遊ぶ生活が続きました。
そしてキャンベラへ・・・。
最初の感想は予想どうり。
「何もない・・・。」
シドニーに2年半いた私にとっては友達もいなく、仕事もなく寂しい毎日・・・。

でも、ここでも人の縁に恵まれ、運良く現地のデイケアに拾ってもらうことが出来ました。
オーストラリアに来てから特にひしひしと感じること、それは
「人との出会い」の大切さ。
シドニーでの仕事も、ここでの仕事も、ホント、’ラッキー’の一言に尽きる。
実際、海外できちんとした仕事を見つけるのはとても大変なこ
ましてや私のように英語に自信がない・・・となるとなおさら。
今は毎日可愛いベイビーたちに囲まれて仕事してます♪
これからどうぞよろしく♪
[PR]
☆★☆by. Satoko★☆★ # by masaandsatoko | 2005-06-19 12:14 | about us♪